ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ(ニセコ温泉、北海道ニセコ町)<悠久の旅人・リマインド宿File No.07>

ホテル自慢のビュッフェと源泉掛け流し露天風呂が楽しめるハイクラスリゾートホテル。10月・11月は、超お得。
宿泊日:2014年11月14日(金)
宿泊プラン:1泊食事なし(素泊まり)。
部屋タイプ:ツインベッドルーム(ユニットバス付き)。
宿泊代: 6,900円(税込)。
おすすめ度:★★★★☺(5点満点中、4.2点)
Key WORD: ニセコ、アンヌプリ、ニセコ温泉、スキーゲレンデ前、雪見露天風呂
マップ <ノーザンリゾート・アンヌプリ
<悠久の旅人・リマインド宿File No.07>
******************************************************************************





<宿の概要、宿泊料金>
ニセコアンヌプリに建つ、高原リゾートホテルです。アンヌプリ国際スキー場のゲレンデの真ん前です。
新千歳空港、札幌市内から車で約2時間。公共交通機関利用の場合、JR函館本線ニセコ駅からホテルまでの無料送迎サービス(9時~18時)があります(要予約)。
ホテルは、1985年12月の開業。地上3階建ての建物で、総客室数は152室で、全て洋室タイプです。
宿泊当時は、北海道一周7泊8日のドライブ旅行の最終泊に利用しました。11月中旬、北海道に大雪が降った日。とっぷりと日が暮れた中、暗い雪の山道をニセコの町から登ること10分ほどで、ホテルに到着。
アンヌプリ エントランス

チェックイン時間が遅くなること、翌朝も飛行機のフライト時間の関係で、朝ゆっくりできないので、素泊まりでの宿泊でした。
宿泊料金は、平日ツインベッドルーム一人利用、1泊食事なし(素泊まり)で6,900円(税込)でした。
2017年度10月~11月の料金も、ほぼ変わらない水準となっています。

<部屋は>
宿泊した部屋は、1階のスタンダードツインベッドルーム。広さは、25平米あります。ユニットバス付きです。
アンヌプリ ツインベッドルーム

窓側には、リビングスペースがあり、雪を見ながら、ゆったりと寛げます。
アンヌプリ 部屋からの眺望

ビジネスデスク周りに、液晶テレビ(衛星放送視聴可)、小型冷蔵庫、金庫があり、ヘアドライヤーも部屋に備わっています。室内でのWi-Fi利用可能です。





<温泉風呂は>
館内1階に大浴場があります。湯は、ニセコ温泉・モンパルの源泉掛け流しで、泉質は、ナトリウムー塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)。源泉温度は、57.6度です。
風呂自体はそれほど広くありませんが、内風呂、サウナ室のほか、露天風呂があります。ちょうど雪が積もった日だったので、雪見風呂を満喫しました。
アンヌプリ 露天風呂
入浴時間は、13時~24時、朝は6時~9時です。尚、大浴場の奥にコインランドリーコーナーがあります。洗濯機 100円(1回)、乾燥機 100円(60分)です。

<館内施設>
館内2階にレストランが2カ所あります。
ホテル自慢のオープンキッチン・ビュッフェレストランの「フュージョンレストラン エクラ」と、和食割烹レストラン「四季彩ダイニング あんのん」です。夕食付きプランの場合、どちらかでの食事になります。夕食・朝食の口コミ評価は、かなり高得点です。
1階ロビーには、暖炉があり、大きな窓からはスキー場ゲレンデが真正面に見渡せます。「フォレスターラウンジ」もあります。
1階には、売店ショップ「ノーザンギフト」もあり、土産品の他、酒類、飲料、菓子類、日用品が売られており、重宝します。館内に製氷機は無いのですが、ここでパック入りのロックアイスを買えます。夜21:30(スキーシーズンは22時)までオープンしています。
食事は、ルームサービスもあり、カレーライスやうどん・そば等の軽食もあります。宿泊当日は、チェックインが遅かったので、ルームサービスで天ぷら蕎麦を頼んで済ませました。
1階には、エステティックサロンもあります。

<悠久の旅人のつぶやき>
スキーシーズンには、ニセコのパウダースノー目当てに世界中から人々が集まりますが、スキーシーズン前の10月、11月は、なまらお得な宿泊料金で泊まれます。
この機会に、ホテル自慢のビュッフェと、雪見温泉露天風呂を楽しみに出掛けては、如何でしょうか。
尚、スキーシーズンも28日以前予約の早割プランがあり、こちらも、なまらお得です。







必見!お得な旅情報は、下記広告バナーを、クリック!

















*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント