酸ケ湯温泉旅館(青森県青森市)<悠久の旅人・日本の宿File No.40>

テレビニュースの積雪情報でもよく耳にする、酸ヶ湯。どれだけ凄いの?まあ、一度は行かねば。
宿泊日:2016年2月29日(月)
宿泊プラン:1泊朝夕食付き。
部屋タイプ:和室8畳(洗面台・トイレ無し)。
宿泊代: 11,880円(税込)。
おすすめ度:★★★★(5点満点中、4点)
Key Word: 酸ヶ湯温泉、にごり湯、ヒバ千人風呂、混浴、豪雪、八甲田山
<悠久の旅人・宿File No.40>
******************************************************************************





旅の2日目。
浅虫温泉駅前を出た青森市バスは、国道バイパスではなく、旧道で沿道の集落を巡回しながら、ゆっくりと進みます。
ようやく、青森駅前バスターミナルに到着。市街に雪はほとんどありません。
ここから、路線バスで、八甲田山ロープウェイ乗り場へ行き、ロープウェイで八甲田山に登り、樹氷を見る計画です。が、昨夜からの雪で、八甲田山ロープウェイは、本日運休とのこと。
仕方がないので、宿の送迎バスの時間まで、青森駅近くのベイサイドエリアを散策し、駅周辺で、昼食をとることにしました。
青森ベイサイド

かつて、青函連絡船として活躍した八甲田丸。今は、メモリアルとして、ひっそりと余生を送っています。
八甲田丸

散策後、駅近くの居酒屋でランチと、ビール。
居酒屋 昼食

宿の送迎バスは、青森駅前の商業施設フェスティバルシティ・アウガの裏手駐車場入口付近から出発します。
無料ですが、事前予約が必要です。午前10:15と、午後14:00発の2便。袋は、酸ヶ湯発08:50と、12:00発の2便です。1日3便の路線バスを利用すると片道1200円掛かります。タクシー利用だと、7,000円以上掛かりますので、ご留意を。

青森市街を出ると、送迎バスは、山道をグングン上って行きます。
山道1

上るにつれ、道路わきは、雪の壁に覆われてきます。
山道2

真っ白な銀世界に景色が変わり、やがて、酸ヶ湯温泉に到着しました。
宿へ到着

駐車場の雪の壁は、2メートル以上はありそうです。
駐車場の雪





<宿の概要、宿泊料金>
酸ヶ湯温泉旅館は、冬になれば、テレビニュース番組での積雪情報に登場する、八甲田山に近い豪雪地帯にあります。 青森駅より無料送迎バスで、約1時間。雲上の霊泉と称される酸ヶ湯温泉は、海抜900メートル余の高さにあります。開湯は、およそ三百年前の江戸時代初期で、江戸期より湯治場として親しまれてきた温泉です。
酸ヶ湯温泉旅館

館内は、中庭を囲むように、クラシックな旅館棟と湯治部があります。
酸ヶ湯温泉旅館 湯治棟
酸ヶ湯温泉旅館 旅館棟

建物は全て木造二階建てで、宿の総部屋数は、134室。すべて和室ですで、一部を除き、バス・トイレ無しの部屋です。
今回は旅館棟での宿泊プランで、平日泊和室を一人利用、朝夕食付きで料金は11,880円(税込)です。内容だけを見れば、やっぱ高いかな。
館内にエレベーターはありません。廊下は、歩けば床がギシギシ鳴ります。
旅館棟 廊下

尚、宿の標準的なチェックイン時間は15時から、チェックアウトは10時です。

<部屋は>
部屋へ入る時は、踏込みが無いので、スリッパは廊下に置いておきます。
部屋は和室8畳。
和室1

中庭へ出られる広縁があります。
和室 広縁

部屋には、液晶テレビ、金庫があります。冷蔵庫はありません。旅館棟の部屋は鍵が掛けられます。(湯治部は鍵がありません。)
和室2

洗面台、トイレは、共同となります。
共同洗面所、トイレ

<温泉風呂は>
風呂は、大浴場と男女別中浴場があります。5つの源泉の泉質は、すべて酸性・含硫黄泉のにごり湯で、「療養に適した温泉」(療養泉)として効能が認められています。3廻り10日で万病に効果が現われると云われているそうです。

大浴場は、有名な、青森県特産アスナロの木造「ヒバ千人風呂」。混浴ですが、女性専用時間帯があります(午前8時~9時・午後8時~9時)。
大浴場 入口

脱衣所からしても、まさにレトロな風呂です。
大浴場 脱衣所

冬場は、窓が閉めきられているので、湯気とかすかな照明のみで、見えにくく、足元には気を付けてください。
大浴場 階段
大浴場 内湯
清掃時間を除き、24時間入浴可。

他に、男女別の小浴場「玉の湯」があります。千人風呂と源泉は異なりますが、白濁した酸性の硫黄泉で同じような泉質です。深夜1時~3時以外は、いつでも入浴可です。
小浴場 入口
小浴場 脱衣所
小浴場 内湯

昼間は、観光バスツアーの立ち寄り入浴も多く、かなり賑わっていますが、夕方以降朝方までは、宿泊客のみなのでゆったり入れます。





<食事は>
食事場所は、朝夕食とも、本館2階食堂、テーブル席となります。
夕食は、和食膳。山の上なのに刺身とかも出てきます。
夕食 和食膳
夕食 和食膳2
宿泊料金に見合うように、無理やり料理をグレードアップさせている感じで、ちょっと、違和感を覚えました。
いつものように、地酒冷酒セットを注文。
地酒冷酒

朝食は質素な感じのバイキングでした。
朝食バイキング


<その他>
玄関横に、おみやげ売店があります。
一般向け食事処としては、名物「酸ヶ湯蕎麦」を提供するそば処鬼面庵が館内にあります。

<悠久の旅人のつぶやき>
温泉に入って部屋でゆったり寛ぐ目的なので、旅館棟に宿泊できて、もっと質素な郷土料理で安価なプランがあれば、と思います。
総じて、コスパ感はありませんが、一度は行ってみる価値はあります。どうせなら、冬場が良いでしょうね。


【じゃらん】 東北のホテル・宿の予約

翌朝、夜半から雪は降り続いて、積雪量は増えています。
翌朝の積雪

宿の送迎車で、青森駅へ。
吹雪で見通しが悪く、見ていてもドキドキもんです。
送迎車 雪中行軍

さすが、日本を代表する豪雪地の温泉宿でした。


明日は、旅の3泊目。岩手県新花巻温泉郷の宿「大沢温泉 菊水館」をご紹介します。雪の中の、美しい光景ですよ。




*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント