縄文の宿 まんてん(屋久島、鹿児島県屋久島町)<悠久の旅人・日本の宿File No.38>

屋久島空港近くの温泉宿。屋久島屈指の温泉施設を併設、特に、屋久島観光の最終泊にオススメ。
宿泊日:2016年1月20日(水)
宿泊プラン:1泊朝夕食付き。
部屋タイプ:ツインベッドルーム(洗面台・トイレ付き)。
宿泊代: 16,250円(税込)。
おすすめ度:★★★★(5点満点中、4点)
Key Word: まんてん温泉、天然温泉、露天風呂、サウナ
<悠久の旅人・宿File No.38>
******************************************************************************





ヤクスギランドから空港近くのタイムズレンタカー営業所へ戻り、レンタカーを返却。
レンタカー会社の送迎車で、空港向かいにある今宵の宿
、「縄文の宿 まんてんへ送ってもらいました。
九州縦断の旅11泊目、そして屋久島3泊目で、今回の旅の最終泊となります。


<宿の概要>
宿は、屋久島空港の真ん前にあります。日帰り入浴施設が併設された宿泊施設です。
まんてん 外観1

名前の「まんてん」は、満点ではなく、満天。つまり、満天の星から名づけられたそうです。
正面玄関前には和風庭園があり、落ち着いた雰囲気の建物です。
まんてん 外観2
宿の総部屋数は、45室。特長として、離れに10棟(和室4部屋・洋室6部屋)のスローハウス パオ(モンゴル風コテージ)もあり、家族連れや小グループに人気です。
まんてん 外観3

今回は、平日泊ツインベッドルームを一人利用、朝夕食付きで料金は16,250円(税込)です。
尚、宿の標準的なチェックイン時間は15時から、チェックアウトは11時です。

<部屋は>
今回の部屋は、本館のツインベッドルームです。
まんてん 部屋1
小上りがあります。床は、ピカピカの木床です。
まんてん 部屋2

室内には、独立式洗面台、トイレ(洗浄機能付き)があります。
まんてん 部屋3

冷蔵庫、電気ポット、館内・部屋くつろぎ着の作務衣が備わっています。全室Wi-Fi対応しています。
部屋は全室禁煙。館内に喫煙所が数カ所あります。喫煙者でも問題ないでしょう。

<温泉風呂は>
大浴場は、まんてん温泉。循環ろ過式、加温の天然温泉。泉質はアルカリ単純泉です。
内湯、サウナ(ドライ&ミスト)ルームと、
まんてん 大浴場 内湯
まんてん 大浴場 サウナルーム

露天風呂には湯船が2カ所あります。
まんてん 大浴場 露天風呂 檜風呂
まんてん 大浴場 露天風呂

日帰り入浴施設でもありますが、それほど混み合うことはなさそうです。夕方、夜も朝も、ゆったりできました。
入浴時間は、11時〜翌朝8時まで、夜通し利用できます。





<食事は>

食事場所は、半個室のお食事処で。
夕食は、地元食材中心の和会席料理です。
まんてん 夕食料理1
まんてん 夕食料理2
まんてん 夕食料理3

屋久島産焼酎3種セット(別料金)を注文。
まんてん 夕食 焼酎3種セット

まんてん 夕食料理4
まんてん 夕食料理4-1
まんてん 夕食料理4-3
まんてん 夕食料理4-2

まんてん 夕食料理5
まんてん 夕食料理6
まんてん 夕食料理7
特筆して旨いものはありませんが、総じて平均点以上です。

朝食は、和セットメニューです。
まんてん 朝食セットメニュー

<その他>
空港目の前なので、フライト時間まで荷物を預けて出かけるのに便利。チェックアウト後、温泉施設で日帰り入浴するもよし。
私は、荷物預けて、路線バスで白谷雲水峡を観光し、帰ってきてから、まだ時間があったので、日帰り入浴で、フライト時間まで温泉で疲れを癒しました。
日帰り入館料(入浴料)は、手ぬぐい・バスタオル貸出付きで大人1,600円。宿泊者は割引有り。
日帰りでの利用可能時間は、11時~22時です。

<悠久の旅人のつぶやき>
空港目の前の地の利を生かして、宿泊、外来入浴と、うまく利用すれば便利な宿です。
日帰り入浴用には、畳敷きの湯上り休憩所もあります。
空港には時間を潰せる施設はありませんので、フライト時間まで、温泉風呂に入ってゆったり寛ぐのに、もってこいです。


【じゃらん】 九州のホテル・宿の予約





明日は、屋久島滞在最終日。夕方フライトまでの時間を利用して、路線バスを使っての観光、「白谷雲水峡をご紹介します。

*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント