旅館 一休荘(嬉野温泉、 佐賀県嬉野市)<悠久の旅人・日本の宿File No.30>

ゆったり入れる温泉、良し、料理良し。西九州で、コスパを求めるならココ!
宿泊日:2016年1月11日(月・祝)
宿泊プラン:1泊朝夕食付き。
部屋タイプ:和室6畳(洗面台、トイレ無し)。
宿泊代:8,100円(税込)。
おすすめ度:★★★★☺(5点満点中、4.4点)
Key Word: 嬉野温泉、佐賀牛、コスパ宿、ビジネス、一人旅、ツーリング
<悠久の旅人・宿File No.30>
******************************************************************************





11泊12日 九州縦断の旅 2日目。
JR鹿児島本線で、門司港駅から、熊本駅へ移動。
熊本駅前で予約していたレンタカー(バジェットレンタカー)をピックアップ。
ここからは、3泊4日の佐賀・長崎一周ドライブ旅行へ出発。

熊本市内から、九州道植木ICへ。みやま柳川ICで高速を下りて、あとは一般道を走り、佐賀県を横断して、今宵の宿、嬉野温泉の「旅館 一休荘」に到着。


<宿の概要、宿泊料金>
旅館 一休荘は、嬉野温泉街にある家族経営の小さな温泉旅館です。総部屋数は、7室です。
日が暮れてからのチェックインとなり、駐車場が少し離れていて分かりづらい。というか、駐車場はメイン通りに面していて見つけやすかったですが、通り向かいにある宿の玄関の灯りがおごそかなため、ご注意を。間違えて、駐車場横の民家のドアをノックしそうになりました。
旅館 一休荘 玄関

観光客が減っているのでしょう。ビジネス旅館という名目になっていますが、その実力は、侮れません。
今回は、平日泊和室を一人利用、朝夕食付きで料金は8,100円(税込)です。
館内、室内とも、かなり古さを感じさせますが、掃除は行き届いています。
1階は、宿のプライベートスペースと食堂。客室は2階になります。
旅館 一休荘 館内 階段

尚、宿の標準的なチェックイン時間は15時から、チェックアウトは10時です。

<部屋は>
部屋は標準的な和室6畳。トイレは無し。昭和レトロな雰囲気の部屋です。
旅館 一休荘 和室

奥に狭いながら広縁があり、リラックスチェアが置かれています。一人なら、窮屈感はありません。温泉の繁華街から少し離れているので静かに過ごせます。
旅館 一休荘 和室2

部屋には、エアコン・空の冷蔵庫・液晶テレビ・金庫・脇息・座椅子があります。

共同のトイレ、洗面台は、廊下の端にあります。昭和の旅館やなあ。
旅館 一休荘 共同トイレと洗面所

<温泉風呂は>
風呂場は、1階奥にあります。2階客室からは、専用階段を下りて行きます。
風呂は全て貸切で。空いていれば、いつでも入浴可。階段降り口から覗き込めば、風呂入口にスリッパのある無しで、風呂が空いているか、分かります。
旅館 一休荘 館内 風呂場への階段

風呂は、もちろん、美人湯日本一の嬉野温泉掛け流し。
旅館 一休荘 風呂 脱衣所

岩風呂とタイル風呂の2カ所ありますが、宿泊客数によって、1カ所は閉鎖するみたいです。
旅館 一休荘 岩風呂
尚、近隣の有名旅館・ホテルの風呂に200円で入れる入浴優待券も用意されています。

<食事は>
夕食は、造り、焼き魚、煮物などの豊富なメニュー。
旅館 一休荘 夕食1

メインは佐賀牛の陶板焼き、
旅館 一休荘 夕食3 佐賀牛
かなり盛りだくさん。
旅館 一休荘 夕食2

基本、部屋食でゆっくりと楽しめます。

朝食は、和定食を食堂で。嬉野温泉名物・温泉湯豆腐が評判です。
旅館 一休荘 朝食メニュー

<その他>
宿では、クレジットカードでの支払いはできません。現金のみです。
尚、コンビニは、徒歩5分圏内にあります。

<悠久の旅人のつぶやき>
貸切温泉と、盛りだくさんな料理で、コスパ感、抜群!
昭和レトロな雰囲気が大丈夫な人なら、絶対おススメしたい旅館です。

【じゃらん】 九州のホテル・宿の予約



<近郊観光>

翌朝、旅の3日目、宿を出発。
北へ向かい、伊万里へ。ここから、国道204号線で、北松浦半島をぐるり一周。


玄界灘を臨む北海岸沿いに、松浦党水軍の記念碑があります。
松浦党水軍

やがて、前方に平戸大橋が。
平戸大橋1

橋を渡ったパーキングで、九十九島方面を眺めで、Uターン。
平戸からの眺望

さらに国道204号線を走り、佐世保市内へ。
せっかくなので、佐世保バーガーを食べて行きましょ。
スマホで検索して、Stamina本舗 Kayaへ。
見せに駐車スペースがないので、通り向かいのイオンへ駐車。
おやおや、Stamina本舗 Kayaの横に、昔懐かしい看板の店も。

佐世保 kayaと大和食品

佐世保バーガー Stamina本舗 Kaya
テイクアウト専門店ですが、店の前に休憩スペースがあって、そこで飲食は可能。
佐世保バーガー kaya1
佐世保バーガー kaya3

ハンバーガー400円から。
佐世保バーガー kaya2

せっかくなので、スペシャルバーガーを注文。
しかし、ハンバーガー店なら、ソフトドリンクで儲けるところ、ドリンクのメニューは無し。
ドリンク類は、店の前にある自販機で。しかも、定価より格安で販売中とは!
やがて、出来上がってきました、スペシャルバーガー。
さずがの大きさ。味も良し。これは、大満足。
佐世保バーガー kaya4

バーガーを食べたら、昔懐かしい、大和製菓の直売所へ。
大和製菓が、九州だったとは、まして、佐世保だったとは、知りませんでした。

大和製菓直売所
佐世保 大和食品1
佐世保 大和食品2

長崎限定という味カレーを購入。
佐世保 大和食品3

イオンで、今夜の酒とつまみを購入(駐車したんだから、ちゃんと買い物もしますよ)して、佐世保を出発。
国道202号線で、西海橋へ。

西海橋1
西海橋2
西海橋3

この先、西海橋を渡り、国道206号線で、西彼杵半島を南下して、長崎市へ向かいます。
日暮前に、稲佐山頂上へたどり着きたい。ん~、微妙な時間やな。





明日は、11泊12日 九州縦断の旅3泊目、長崎市内稲佐山の宿「ルークプラザホテル」と、「軍艦島上陸クルーズ」をご紹介します。


【じゃらん】 九州のホテル・宿の予約

*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント