ホテル羅賀荘(岩手県田野畑村)<悠久の旅人・日本の宿File No.20>

北三陸リアス海岸の絶景と、豪勢な新鮮魚介料理を満喫できる、三陸海岸随一の宿。
宿泊日:2015年12月21日(月)
宿泊プラン:1泊朝夕食付き。
部屋タイプ:和室10畳(バス・トイレ付き。)
宿泊代:14,580円(税込)。
おすすめ度:★★★★☺(5点満点中、4.3点)
Key Word: 三陸海岸、三陸鉄道、田野畑、オーシャンビュー、展望風呂、ビジネスユース、一人旅
<悠久の旅人・宿File No.20>
******************************************************************************




8泊9日青春18きっぷで東北を巡る鉄道旅行7日目。
JR五能線鰺ヶ沢駅から普通列車に乗り込み、川部駅で乗り換えて、青森へ。

五能線普通列車
岩木山

青森駅からは、青い森鉄道で、八戸へ。青森~八戸間は、青春18きっぷで乗車可能です。青い森鉄道

八戸からは、JR久慈線で、久慈へ。
久慈線普通列車

久慈駅で、三陸鉄道北リアス線に乗車。別料金区間となります。
三陸鉄道北リアス線

田野畑駅へ到着。
田野畑駅

今宵の宿は、北三陸海岸・田野畑村の宿「ホテル羅賀荘」です。


<宿の概要、宿泊料金>
宿は、三陸鉄道北リアス線田野畑駅から坂道を徒歩5分の海岸沿いに建っています。事前に電話すると、送迎車が駅で待っててくれます。海のアルプス「北山崎」の玄関口に佇む、オーシャンビューと海鮮料理が自慢の宿、とか。
10階建ての白亜の建物で、総部屋数は、67室。震災時、津波はホテルの4~5階部まで到達したらしいです。
ホテル羅賀荘 玄関

今回は、平日宿泊和室一人利用、朝夕食付きで料金は 14,580円(税込)でした。
尚、宿の標準的なチェックイン時間は15時から、チェックアウトは11時です。

<部屋は>
今宵の部屋は、海側の和室10畳。バス・トイレ付き。部屋に冷蔵庫はあります。
ホテル羅賀荘 和室

イス・テーブルセットがある広縁からの眺望は、看板に偽りなし、絶景のオーシャンビューです。
ホテル羅賀荘  部屋からの眺望2
翌朝には、太平洋から登る朝日がきれいに見えました。
ホテル羅賀荘 部屋からの眺望 朝日

<大浴場は>
大浴場もオーシャンビューの絶景展望大浴場。湯船につかりながら、目の前に広がる大海を眺められます。
温泉ではありませんが、電気風呂、サウナ室があります。リニューアルしており、清潔感溢れる風呂です。外来入浴客も多いようです。 入浴時間は、朝5時~夜23時までです。

<食事は>
夕食は、宿自慢の海鮮冬御膳。質・量ともに堪能しました。
ホテル羅賀荘 夕食料理 品書き

前菜、季節のもの3種、鰤の照り焼き&帆立の黄味焼き。サラダはスモークサーモン。揚げ物は鮟鱇です。
ホテル羅賀荘 夕食料理1 
ホテル羅賀荘 夕食料理2 

季節の地魚刺身5種盛り。
ホテル羅賀荘 夕食料理 刺身盛り合わせ
そして、続々と温かい料理が運ばれてきます。豚のやわらか煮。松茸入り茶碗蒸し。
ホテル羅賀荘 夕食料理 豚のやわらか煮

寄せ鍋。
ホテル羅賀荘 夕食料理 寄せ鍋
ホテル羅賀荘 夕食料理 寄せ鍋2

鮑の踊り焼!
ホテル羅賀荘 夕食料理 陶板焼き
ホテル羅賀荘 夕食料理 鮑の踊り焼

いつものように地酒冷酒で、ゆったり、まったりと食事を楽しみます。
地酒冷酒

締めは、蟹吸い、いくら蕎麦、鮭といくらの親子丼。
ホテル羅賀荘 夕食料理 飯もの、蕎麦、吸物

デザートは、果物と林檎タルト。
ホテル羅賀荘 夕食料理 デザート
豪勢な夕食でした。

朝食は和洋バイキング。牛乳・ヨーグルトは、地元田野畑産です。

<悠久の旅人のつぶやき>
震災後、三陸海岸の各所で大規模な堤防工事を行っており、安全の半面、自然の景観が損なわれてきています。そんな中で、この宿は、ほぼ自然のままのリアス海岸の絶景を目の前に楽しめます。
三陸海岸で獲れる新鮮な魚介料理も楽しみ。
一度、訪れることをおススメしたい宿のひとつです。







明日は、三陸海岸の宮古から、盛岡へ出て、この旅の最終泊、真花巻温泉郷の宿「大沢温泉 山水閣」をご紹介します。

*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント