FC2ブログ

長良川温泉 岐阜グランドホテル(長良川温泉、岐阜県岐阜市長良)<悠久の旅人・日本の宿File No.282>

2024年開業60周年を迎えた、岐阜を代表するシティーホテルにコスパ宿泊。

~宿のキャッチフレーズ~
金華山をのぞむ長良川沿いの癒やしのリゾートホテル。
ホテル前には金華山がそびえ、清流長良川が流れ、多くの人がその自然と風景を楽しんでいます。
四季折々の風景と味わい。
ワンランク上の快適なホテルライフ。
岐阜でのひとときをごゆっくりお過ごしください。

(宿HPより抜粋)

宿泊日:2024年3月14日(木)
宿泊プラン:1泊朝食のみ付き。
部屋タイプ:和室(洗面台、バス、トイレ付)。
宿泊代:7,700円(消費税込)※入湯税150円別途。
旅シチュエーション:ひとり旅
大手旅行サイト口コミ評価:★★★★☆(5点満点中、4.2点)
Topic: ◆温泉ホテルにコスパ宿泊◆
Check Point: 部屋(洗面台・バス・トイレあり、洗浄機能付き便座、冷蔵庫あり)、大浴場(天然温泉、露天風呂あり、サウナあり)
マップ <長良川温泉 岐阜グランドホテル
<悠久の旅人・宿File No.282>
**************************************************************************


<宿の概要、宿泊料金>
宿は、岐阜市内の北部、岐阜城がある金華山対岸の長良川沿いに建っています。
外観メイン

宿の開業は、1964年4月。2024年に開業60念を迎える、岐阜を代表するクラシックホテルです。

宿の建物は、12階建ての本館、
本館

8階建ての東館、
別館(東館)

チャペルやイベントホール等がある西館からなり、
西館

総部屋数は144室。内訳は、和室77室、洋室67室となっています。

今回の宿泊プランは、「お部屋タイプおまかせ 破格朝食付き宿泊プラン」。 平日に一人で利用、1泊朝食付きで、料金は7,700円(税込)です。※別途、入湯税150円。

尚、宿の標準的なチェックインは15時から、チェックアウト時間は11時です。


Supported by




<チェックイン>
岐阜市街地を北へ進み、長良川温泉街にある長良橋を渡って右折。県道94号線を長良川沿いに東へと走ります。
やがて、左手に、宿の建物が現れました。
県道

とりあえず、目についた「駐車場入口」の案内に従って、地下駐車場へ向かいます。
駐車場入口

地下駐車場

車を止め、「ホテル入口」から入り、西館エレベーターで1階のフロントロビーへ上がります。
地下ホテル入口

連絡エレベーター

ちなみに、ここ地下駐車場は、ホテル西館の地下2階になりますが、これは、ホテル1階部が盛土された長良川の堤防側にあるためで、建物裏手に広がる住宅地の地上が、ちょうど地下2階部となります。

エレベーターを降り、ラウンジを横切って、フロントへ向かいます。
ラウンジ

ちなみに、こちらが県道に面したメインエントランスです。
メインエントランスアプローチ

公共交通機関を利用の場合、正面入口からの入館となります。JR岐阜駅、名鉄岐阜駅より路線バス利用で約20分です。

改めて、メインエントランスから館内へご案内。
エントランスアプローチ

ロビー

ロビー右手にあるフロントで宿泊手続きを済ませます。
フロント

ルームキーをもらい、本館エレベーターで、今宵の部屋がある本館10階へと上がります。
本館エレベーター

客室階エレベーターホールには、予備・交換用浴衣コーナーがあります。
客室階エレベーターホール

廊下を進み、
客室階廊下

こちらのドアが、今宵の部屋のようです。
部屋ドア


<部屋は>
部屋のドアを開き、室内へ。
玄関で下足を脱ぎ、板張りの踏込へ上がります。
玄関

踏込

左手の襖を開けると、和室です。
和室1

すでに布団が敷かれています。
和室の広さは12畳です。
和室2

和室3

和室4

窓際に広縁があり、イステーブルセットが設置されています。
広縁1

広縁2

窓の外には、堤防、河川敷駐車場越しに長良川と金華山が眺められます。
眺望1

彼方、山の頂上には、岐阜城が見えます。
眺望2

広縁の右手奥に、冷蔵庫が設置されています。
冷蔵庫

和室の設備・備品は、
座卓。
座卓

壁際の棚には、コップ類、湯沸かしポット、無料サービスのミネラルウォーター、金庫があります。
金庫、ポット

ポット、ミネラル水

床の間に、テレビ、電話機。
テレビ、電話機

クローゼット。中には、浴衣が用意されています。
クローゼット

左の襖を開けると、
襖扉

洗面スペース。
洗面台1

ヘアードライヤー、タオル類が備わっています。
洗面台2

バスタオル

タオル類は、部屋での使用専用で、大浴場には、別にタオル・バスタオルが用意されているので、部屋から持っていく必要はありません。

左手のドアを開けると、バスルーム。
バスルーム

右手のドアが、トイレです。
便座は、洗浄機能付きです。
トイレ

Wi-Fiは、室内で利用可能です。







<大浴場は>
宿の温泉大浴場「ひとつば」は、本館地下1階にあります。
大浴場入口

岐阜市長良川温泉の泉質は、 単純鉄冷鉱泉(低張性中性冷鉱泉)。源泉温は、16.9℃です。
黄褐色のにごり湯で、わずかに鉄味と金気臭を有します。

帳場カウンターにタオル・バスタオルが用意されています。
大浴場カウンター

脱衣場。
脱衣所

鍵付きルームキー保管庫がついています。
脱衣かご、キーケース

パウダールームの洗面ドレッサーには、化粧水も備わっています。
脱衣所、洗面台

内風呂には温度が違う二つの浴槽があります。
内風呂1

内風呂3

湯は「白湯」。
地中で自然にろ過された長良川の伏流水を汲み上げた地下水で、ミネラルを含んだまろやかな湯です。
内風呂2

内風呂4

洗い場。
洗い場

サウナ室(ドライ式中温サウナ)、水風呂もあります。
サウナ、水風呂


では、露天風呂へ。
露天風呂1

2013年7月上旬オープンの露天風呂風「長良川温泉」。
露天風呂2

効能豊かな鉄分を多く含んだ鉄泉で、茶褐色の湯は「にっぽんの温泉100選」に選ばれました。
露天風呂3

宿泊者の入浴時間は、夜24時まで。翌朝は、6時~10時です。

尚、日帰り入浴は、6:00~10:00 13:30~17:00で、入浴料は大人1,500円(朝は、1,000円)です。







<夕食は>
今回のプランは、夕食なしです。
道中のスーパーで、刺身、総菜、酒類を買って、部屋で夕餉を楽しみました。

なお、ホテル内には、和洋中のレストランがあり、ディナーを楽しむことができます。
本館1階ロビーには、「中国料理 華川」。
中国料理

本館地下1階には、「日本料理 吉祥」。
吉祥

「吉祥・炉端コーナー」もあります。
炉端

また、本館12階の展望レストラン「キャッスル」では、フランス料理が提供されています。


<朝食は>
朝食は、本館12階の展望レストラン「キャッスル」でのバイキングです。
朝食1_キャッスル入口

時間は3部制で、①7:00スタート、②7:40スタート、③8:40スタートの選択制です。
予約した時間に行くと、窓際のテーブル席に案内されました。
レストラン内部

テーブル席

バイキングメニューは、岐阜で一番の健康朝食を目指すという~ぎふ清流ビュッフェ~です。
バイキング1

洋食コーナー。
バイキング洋食コーナー

和食コーナー。
バイキング和食コーナー

ライブキッチンでは、若鮎と原木椎茸の揚げたて天ぷらも提供されています。
バイキング天応ら

こちらが、ドリンクコーナーです。
バイキングドリンクコーナー







<館内施設、その他>
ロビーには、土産物も扱う売店があります。営業時間は、9時~18時です。
売店

本館地下1階大浴場入口付近には、自販機コーナーがあります。
自販機コーナー1

自販機コーナー2

奥に、ウォーターサーバー、製氷機があり、無料で利用できます。
製氷機、ウォーターサーバー


<悠久の旅人のつぶやき>
岐阜を代表する上級クラスのホテルですが、平日宿泊なら、格安で宿泊できます。
「お部屋おまかせ」の場合、通常は、別館の街側洋室がスタンダードなのでしょうが、予約が少ない日なら、本館の長良川・金華山ビューの部屋となるラッキーもありです。
朝食ビュッフェはお薦めですので、ぜひ、朝食付きプランでご宿泊ください。
飛騨・奥飛騨への旅行の中継宿泊として、また、ビジネス利用としてもおススメです。
<おすすめ度:★★★★☆☺(5点満点中、4.3点)>


<宿ブログ~岐阜市内・美濃・奥美濃・飛騨路・恵那峡のコスパ宿>
(岐阜市内・美濃)
長良川観光ホテル 石金
長良川温泉 ホテルパーク
養老温泉 ゆせんの郷 ホテルなでしこ
海津温泉

(奥美濃)
ホテル郡上八幡
民宿しもだ

(飛騨路・下呂温泉周辺)
ダイヤモンド 下呂温泉ソサエティ
湯快リゾート 下呂温泉 下呂彩朝楽 別館
下呂温泉 つるつるの湯 みのり荘
美輝の里 ホテル美輝
料理旅館 吉村屋

(飛騨路・高山)
飛騨高山温泉 ひだホテルプラザ
お宿 八兵衛

(恵那峡・中津川)
かんぽの宿 恵那
湯快リゾート 恵那峡温泉 恵那峡国際ホテル
岩寿荘







*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします


*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント