国見温泉 あかねの郷(大分県国東市国見町赤根)<悠久の旅人・宿File No.100>

国東半島の山の上にある温泉施設。コテージでの宿泊が、なかなか面白い。
宿泊日:2016年10月10日(月)
宿泊プラン:1泊朝夕食付き。
部屋タイプ:コテージ1棟貸し(トイレ、バスルーム、洗面台付き)。
宿泊代: 9,720円(税込)。
おすすめ度:★★★★(5点満点中、4.1点)
Key Word: 国東半島、国見温泉、温泉部屋風呂、コテージ1棟貸し
マップ <国見温泉 あかねの郷
<悠久の旅人・宿File No.100>
***************************************************************************





<宿の概要、宿泊料金>
大分空港からレンタカーを走らせること約40分。快適なドライブから、やがて狭い山道となり、そこから約10km上ると、国見温泉あかねの郷に着きました。国東半島のほぼ中央部になります。
駐車場から一段高いところにフロントがあります。地元の人々が温泉入浴に来ており、賑わっています。
あかねの郷 駐車場
あかねの郷 アプローチ

宿泊も外来入浴も、入口と受付フロントは同じです。
あかねの郷 エントランス

フロントの奥にレストランがあり、宿泊者の食事は、ここで。一般客も食事できます。レストランを通り、建物の裏手へ抜けると、そこに大浴場があります。

宿の総客室数は、11室です。
左手に和室宿泊棟(4室)、
あかねの郷 和室棟
階段を下りたところに、洋室宿泊棟(3室)があります。
あかねの郷 洋室棟

そして、右手に50段の石段があり、
あかねの郷 コテージへの石段
それを上ったところに貸切コテージが4棟あります。
あかねの郷 コテージ

今回は、そのコテージに宿泊するプランです。平日1泊朝夕食付き、貸切コテージを一人で利用して、料金は、10,800円(税込)でした。
尚、宿のチェックイン時間は16時から、チェックアウトは11時です。

<部屋は>
フロントで鍵を受け取ると、コテージまで車で行けるということで、車で移動し、コテージの前に駐車。
コテージは丸太で組まれた本格的なウッドハウスで、バルコニーもあります。これは、面白そう。
あかねの郷 コテージ外観1
あかねの郷 コテージ外観2
あかねの郷 コテージ外観 テラス

ドアを開け、いざ、部屋のなかへ。玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えて上がると、1階はリビングルーム。
角型テーブルと二人掛けソファーがあり、丸テーブルとチェア4脚のダイニングセットもあります。
あかねの郷 コテージリビング1
あかねの郷 コテージリビング2
あかねの郷 コテージリビング4
あかねの郷 コテージリビング5

キッチン流し台もありますが、調理器具はありません。
あかねの郷 コテージリビング3

洗面台があり、左手奥は洗浄機能付きトイレ、
あかねの郷 コテージ 洗面台
右手はバスルームで、温泉の湯が出ます。大浴場まで行かなくても、温泉風呂が楽しめます。
あかねの郷 コテージ 浴室

薪ストーブがあり、冬場は薪を焚いて暖をとれます。ストーブから出た煙突が屋根に突き出ています。
あかねの郷 コテージリビング ストーブ

階段を上がると、2階が寝室スペースです。
あかねの郷 コテージ 階段
シングルベッドが1台設置されており、床で寝るための寝具セットが積まれています。大人6人が眠れるくらいのスペースは余裕であります。
あかねの郷 コテージ ロフト寝室1
あかねの郷 コテージ ロフト寝室2

天井には、シーリングファンが取り付けられています。エアコンは、1階リビングと2階寝室に各1台設置されていて、夏場も快適に過ごせます。
あかねの郷 コテージ ロフト寝室 天井

部屋には、液晶テレビ、小型冷蔵庫、ポット、金庫があります。食器類は、ガラスコップが冷蔵庫で冷やされていましたが、他にはありません。洗面台には、ヘアードライヤーがあります。





<温泉大浴場は>
宿の大浴場は「六郷の湯」。泉質は、カルシウム硫酸塩泉です。
夕方前後は、地元の常連客で賑わっており、浴場入口、脱衣所が狭く、よそ者が割って入るのに躊躇します。
あかねの郷 大浴場 入口
あかねの郷 大浴場 脱衣所

内風呂と、
あかねの郷 大浴場 内風呂1
あかねの郷 大浴場 内風呂2
露天風呂があり、国東の山々を眺めながら温泉を楽しめます。
あかねの郷 大浴場 露天風呂1
あかねの郷 大浴場 露天風呂2

日帰り入浴は、11時~21時まで。入浴料は、大人400円です。宿泊客の入浴時間は、朝6時~夜23時までで、朝と夜の宿泊客専用入浴時間帯は、ゆったりと温泉を楽しむことができます。

<食事は>
食事場所は、朝夕食共に、レストランです。夕食は、掘りごたつ式の小上り座敷席、朝食はテーブル席でした。
夕食時は、入浴客もテーブル席に座って休んだり、食事をしたりしますので、その配慮かと思います。
あかねの郷 食事処

夕食内容は、スタンダードな内容です。
あかねの郷 夕食料理
刺身、海老の塩焼き、天ぷら、豚肉の豆乳鍋といったところで、特筆すべき料理はありません。
あかねの郷 夕食料理 刺身
あかねの郷 夕食料理 天ぷら
あかねの郷 夕食料理 豆乳鍋
国東の酒蔵の地酒冷酒(別料金900円)の肴としては、まあ、これ位でいいかな、という感じです。
あかねの郷 夕食 地酒

朝食もスタンダードなものでした。
あかねの郷 朝食料理

普段の食事の延長線で、料理目当てに来る宿ではありません。

<その他>
施設敷地内には、多目的広場とかもありますが、普段は利用されていないようです。館内にも、周りにも何もありません。今回はコテージ宿泊なので、室内でゆったりと、別荘気分を楽しみました。
スタッフとの接触も、フロントでのチェックイン、チェックアウト時とレストランでの食事配膳時くらいですが、逆に、気楽でした。接客に関しては、まあ、問題ないレベルだと思います。

<悠久の旅人のつぶやき>
地元以外からは訪ねる観光客も少なそうですが、こんな別荘が欲しい、と思わせる、中々、面白い体験ができました。ぜひ一度、本格丸太コテージでの一夜を、家族や仲間とお楽しみください。







必見!お得な旅情報は、下記広告バナーを、クリック!

















*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント