久住高原荘(赤川温泉、大分県竹田市)<悠久の旅人・日本の宿File No.97>

白濁のにごり湯が楽しめる格安宿。周辺の温泉宿と比べると、やや個性には欠けるが、安心して泊まれる公共の宿です。
宿泊日:2016年9月29日(木)
宿泊プラン:1泊朝夕食付き。
部屋タイプ:和室6畳(洗面台、トイレ付き)。
宿泊代: 10,086円(税込)。
おすすめ度:★★★★(5点満点中、4点)
Key Word: 赤川温泉、久住高原、にごり湯、一人旅、ツーリング
<悠久の旅人・宿File No.97>
***************************************************************************







<宿の概要、宿泊料金>
やまなみハイウェイの瀬の本から10分の高原に建つ公共の宿です。
久住高原荘 外観

外観は、高千穂の国民宿舎高千穂ホテルと同じような造り、切り出した自然の岩を組み込んだデザインが特徴です。
久住高原荘 エントランス

宿の総部屋数は、47室。館内も改装されており、全体的に綺麗な建物です。
フロントで宿泊手続して、部屋へ向かいます。
久住高原荘 フロント

今回は、平日和室一人利用、1泊朝夕食付きで、料金は10,086円(税込)でした。
尚、宿の標準的なチェックイン時間は15時から、チェックアウトは正午12時です。



<部屋は>
今回宿泊した部屋は、和室6畳。
久住高原荘 部屋1

ちょっと狭いですが縁側スペースがあり、イスが2脚置かれています。
久住高原荘 部屋2
久住高原荘 部屋3

入口側に洗面台と洗浄機能付きトイレがあります。
久住高原荘 部屋 洗面台、トイレ

室内は改装されていて、清潔感はあります。
久住高原荘 部屋4

部屋には、液晶テレビ、金庫、ポット、空気清浄機があります。残念ながら、冷蔵庫、ヘアドライヤーはありませんでした。





<温泉風呂は>
宿の大浴場は、内風呂に湯船がふたつ、露天風呂もあります。
清潔な脱衣所。
久住高原荘 大浴場 脱衣所

内風呂。
久住高原荘 大浴場 内風呂
久住高原荘 大浴場 内風呂2

そして、露天風呂。
久住高原荘 大浴場 露天風呂

温泉の湯は、赤川温泉(硫黄泉)。加温、循環ろ過式ですが、白濁のにごり湯です。
久住高原荘 大浴場 露天風呂2

内風呂のひとつは、透明な湯でした。
久住高原荘 大浴場 内風呂3

入浴時間は、6時~22時までです。夜の入浴時間が早く終わるのが残念です。



<食事は>
食事場所は、朝夕共に、レストランのテーブル席です。
久住高原荘 レストラン

夕食時、野菜サラダ、漬物、ご飯は、バイキング式です。
久住高原荘 夕食料理 野菜サラダ
久住高原荘 夕食料理 漬物、ご飯

いつものように、地酒冷酒を注文(別料金)。
久住高原荘 夕食 地酒冷酒

今宵の夕食内容は、季節の小鉢、造り、そば、茶碗蒸し、秋刀魚と無花果のマリネ、
久住高原荘 夕食料理

きのこ3種のアヒージョ、
久住高原荘 夕食料理2

久住豚の瓦焼き、
久住高原荘 夕食料理3

吸物、デザート。
久住高原荘 夕食料理4

和洋の料理が供されます。ボリューム的には多くはありません。 夕食時間は、18時~19時半です。

朝食は、卵料理、焼き魚など、スタンダードな内容です。十分なボリュームだと思います。
久住高原荘 朝食

朝は、ドリンクやパンもバイキング式で、自由に取れます。
久住高原荘 朝食 コーヒー、パン
久住高原荘 朝食 漬物

朝食時間は、7時~8時半です。



<その他>
フロント前のロビーは応接セットが置かれていて、寛げます。
久住高原荘 ロビー

レストランの前には土産物や特産品も売っている売店があります。
久住高原荘 売店

低層の建物ですが、エレベーターがあります。
久住高原荘 エレベーター

建物の裏手には、結構広大なスペースがあります。
久住高原荘 裏庭

スタッフの対応も問題ないレベルだと思います。氷が欲しい場合は、フロントに言えば、レストランでもらえるようです。





<悠久の旅人のつぶやき>
料金的にも手ごろなので、年配のリピーターも多いようです。
周りの温泉宿と比べると、個性に欠ける反面、安心して泊まれる宿だと言えます。

(久住高原荘)









*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント