御宿 喜久丸(西伊豆・岩地温泉、静岡県松崎町)<悠久の旅人・日本の宿File No.80>

旨い魚料理と貸切温泉風呂で、至福の時を過ごせる、格安料理民宿。
宿泊日:2016年8月20日(土)
宿泊プラン:1泊朝夕食付き。
部屋タイプ:和室6畳間と8畳間の2部屋利用(洗面台、トイレ無し)。
宿泊代: 一人当り8,640円(税込)。
おすすめ度:★★★★☺☺(5点満点中、4.5点)
Key Word: 西伊豆、岩地温泉、魚料理、コスパ宿、海水浴
<悠久の旅人・宿File No.80>
******************************************************************************





年に数回、友人知人が集まっての温泉宿泊飲み会。今回は、西伊豆で旨い魚を食べよう、ということで、やって来ました。
車で出発した仲間たちと、JR三島駅前で合流し、国道136号線で西伊豆の海岸沿いを走ります。
国道136号線1
国道136号線2

心配していた天気も回復し、夕日が見れるかもしれません。
国道136号線3
国道136号線4



<宿の概要、宿泊料金>
西伊豆の松崎町にある漁村ですが、岩地温泉という天然温泉があります。
目の前の海は、透明度が高いキレイな水です。旨い肴料理への期待が高まります。
御宿 喜久丸 海岸

宿は、漁村の高台に建っています。総部屋数は、6室のみ。
御宿 喜久丸 外観

宿の前までの車道が無いので、海岸沿いにある専用駐車場に車を停め、狭い坂道を歩いて登ります。
御宿 喜久丸 前の路地

今回は総勢5名でのお泊り。部屋は2階の6畳と8畳の和室2室を利用。
今回は、週末土曜日泊、和室2室を5名で利用、朝夕食付きで料金は一人当り8,640円(税込)です。
民宿ですので、部屋にトイレ、洗面台は無し。冷蔵庫もありません。
一部の部屋からは、海が望めます。
御宿 喜久丸 部屋からの眺望 

尚、予約した宿サイトのホームページには書いてませんでしたが、部屋は全室禁煙。参加者が全員喫煙者だったので、煙草を吸うときは、玄関から外に出なければならず、ちょっと不便でした。
それと驚いたのは、浴衣、バスタオル、タオルが部屋に無いこと。あるものと思って来たので、持参しておらず、とりあえず、フェイスタオルだけは用意してもらいました。この時期、海水浴客が多いので、皆さん、持ってきているのでしょうね。来るときは、タオル、バスタオルと、室内着を、お忘れなく。
尚、宿の標準的なチェックイン時間は15時から、チェックアウトは10時です。
現地決済でのクレジットカードの支払いはできません。

<温泉風呂は>
さて、とりあえず風呂、ということで、地下階に位置する風呂場へ。
貸切風呂が2カ所。岩地温泉の天然温泉で、ゆったりできます。
御宿 喜久丸 貸切風呂1 
御宿 喜久丸 貸切風呂2

湯は少々、熱め。24時間入浴可能とのことで、嬉しい限り。



<食事は>
朝夕食共に、部屋食となります。
夕食は午後6時に一斉スタート。1階の調理場へ行き、料理は自分らで運びます。

夕食は魚料理のオンパレード。
御宿 喜久丸 夕食料理

刺身の盛り合わせ、
御宿 喜久丸 夕食料理 刺身盛り

さすがワサビの産地です。すりおろしで。
御宿 喜久丸 夕食料理 わさび

煮魚、
御宿 喜久丸 夕食料理 煮魚

焼き魚、
御宿 喜久丸 夕食料理 焼魚

揚物
御宿 喜久丸 夕食料理 揚物

小鉢等、
御宿 喜久丸 夕食料理 酢の物、サラダ
御宿 喜久丸 夕食料理 小鉢料理

テーブルの上にごちそうを所狭しと並べます。
もちろん、料理はどれも美味、酒も進みます。
食事が終わったら、片付けもセルフサービス。
食後、ホロ酔いで、片付けた食器類を持って、階段を降りるのが少々難儀でしたが。
布団の上げ敷き、朝食の運搬もセルフサービスです。



朝食もおいしくて、白飯が進みました。
特に、アジの開きが旨いんだよね。
御宿 喜久丸 朝食





<悠久の旅人のつぶやき>
気さくな親爺さんのもと、なんだか、合宿っぽい気分ですが、格安で、旨い魚料理と温泉風呂を堪能できました。
少々留意点は有りますが、それを踏まえた上で、海に沈む夕陽と魚料理と温泉風呂を楽しみに、是非、西伊豆の宿にお出かけください。





翌朝。宿を出発し、伊豆半島一周ドライブ。
国道136号線で南伊豆から下田へ。
国道135号線を河津で左折し、国道414号線を天城峠へ向かいます。

▼河津七滝・出合滝
七滝の中でも滝の規模としては小さくて、落差2m、幅2mです。
2つの流れがここで出合ってひとすじの流れになります。流れ込む水の青さが印象的な滝です。
出合滝1
出合滝2
出合滝4

▼河津ループ橋から、天城山隧道(旧天城トンネル)へ
次に目指すは天城山隧道、川端康成「伊豆の踊子」、松本清張「天城越え」に出てくるトンネルです。
絶景の河津ループ橋から眼下に滝を眺め、
河津ループ橋

橋を登りきった辺りから案内標識に従って、砂利道の旧道へ入り、
天城峠旧道

天城山隧道(旧天城トンネル)へ。
天城隊道

明治37年(1904年)に開通した全長445.5メートルの石造道路トンネルで、日本に現存する最長のものらしい。
トンネル手前に駐車スペースがあり、トンネルの中をちょっと散策。
天城隊道
天城隊道3

反対側から外国人観光客の大家族連れが歩いてきました。そう、湯ヶ島方面から天城山隧道へというのが「伊豆の踊子」で、学生と踊子が歩いた正規ルートですね。
車に乗車してトンネルを抜けて北側出口へ。小説で、学生がトンネル手前で踊子に追いついた峠の茶屋は今は無く、休憩所とトイレになってました。しばし、文学の世界に浸った時間でした。



国道と合流し、「道の駅 天城越え」で休憩タイム後、JR三島駅へ。
駅近くで、昼食に鰻丼を食べるつもりでしたが、どの店も満席、行列待ち。あきらめて、ラーメンを食べて、駅前で解散。
JR三島駅

鉄道の旅6日目、最終日。
残り一回の青春18きっぷを利用して、滋賀県大津市へ帰ります。
東海道線の普通列車を興津、浜松(静岡県)で二度乗り継ぎ、豊橋駅(愛知県)へ。
豊橋からは、新快速で一気に米原駅(滋賀県)へ。
東海道線新快速米原行き 





米原からも新快速で山科駅(京都市)へ行き、湖西線井乗り換えたら、何とか本日中に帰宅できそうです。
北海道ゴルフ&ドライブ旅行に続いての鉄道の旅の終了。
およそ2週間ぶりに自宅に帰ります。



*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント