国民宿舎ホテル高千穂(宮崎県高千穂町)<悠久の旅人・日本の宿File No.62>

高千穂では希少な大浴場がある公共の宿。広い風呂で旅の疲れを癒したいと思う方にはおススメの宿。
宿泊日:2016年7月3日(日)
宿泊プラン:1泊朝夕食付き。
部屋タイプ:和室8畳(洗面台、ユニットバス付き)。
宿泊代: 12,300円(税込)
おすすめ度:★★★★(5点満点中、4点)
Key Word: 高千穂峡、高千穂神社、夜神楽
<悠久の旅人・宿File No.62>
******************************************************************************





<宿の概要、宿泊料金>
宿は、高千穂バスセンターから車で5分くらい、高千穂神社から高千穂峡へ下る坂道の途中にあります。
宿の前には広い駐車場があり、駐車スペースの心配は無用。
公共交通機関利用の場合は、高千穂バスセンターへの無料送迎があります。
鉄筋3階建てで、総部屋数は39室。外観、館内共に改装済みでキレイです。
ホテル高千穂 外観

石造りの玄関口は威厳さえ感じます。
ホテル高千穂 玄関

今回は、平日(日曜日)泊和室一人利用、朝夕食付きで料金は12,300円(税込)でした。
宿の標準的なチェックインは16時から、翌朝チェックアウトは10時です。

<部屋は>
広々としたロビーのフロントで受付を済ませ、エレベーターで部屋に上がります。
今回の部屋はスタンダードな和室8畳。
ホテル高千穂 和室 踏込
ホテル高千穂 本間

窓側には、狭い板間の縁側があり、ベランダがあります。
ホテル高千穂 縁側
ホテル高千穂 ベランダ

ベランダからは、高千穂の山々が見渡せます。
ホテル高千穂 和室 眺望

玄関口側に洗面所とユニットバス(洗浄機能付き便座)があります。
ホテル高千穂 ユニットバス

この水回りスペースは改装されていますが、和室、縁側、バルコニーは古さを感じさせます。
部屋には、小さめの液晶テレビ、小型冷蔵庫、金庫、ポットが有ります。ヘアドライヤーは有りません。
ホテル高千穂 備品

布団は、夕食の間に敷かれてました。

<大浴場は>
1階に男女別大浴場があります。
ホテル高千穂 大浴場 脱衣所

温泉ではありませんが、一定時間おきに自動的に湯が流れます。広さも十分で、気持よく入浴できます。
ホテル高千穂 大浴場
ホテル高千穂 大浴場 洗い場

ドライサウナルームもあります。
ホテル高千穂 大浴場 サウナルーム有り

旅の疲れは、広い湯船で、ゆったりと癒したい、という方には、嬉しい施設です。
入浴時間は、15時~22時。残念ながら、朝風呂はありません。

<食事は>
食事場所は、朝夕食共に、1階ロビー奥のレストランになります。
今回の夕食プランは、神話の里和会席「参の膳」。高千穂陶板焼会席プランです。
ホテル高千穂 夕食 品書き

ちなみに、「壱の膳」は、特選高千穂牛ロースすき焼き会席プランで、「弐の膳」は、高千穂牛ロースしゃぶしゃぶ会席プランです。それぞれ、料金が違います。

「参の膳」のメニューは、先付、造り、煮物、揚げ物、メインの高千穂牛モモの陶板焼き、冷製パスタ、椀物とご飯、デザートです。
ホテル高千穂 夕食 

高千穂の地酒冷酒と一緒に楽しみました。
ホテル高千穂 夕食 地酒冷酒

ただ、高千穂牛ですが、モモ肉ということもあってか、硬くてあまり美味ではありませんでした。
ホテル高千穂 夕食 高千穂牛


朝食は、一人釜炊きのご飯が出て、満足行く料理内容でした。
ホテル高千穂 朝食
ホテル高千穂 朝食 目玉焼き
ホテル高千穂 朝食 一人釜炊き


<その他>
1階ロビーは広々しており、寛げるソファースペースがあります。
接客応対は、特に不満を感じる点はありませんでした。
高千穂神社の夜神楽見物には、徒歩で出かけられますが、宿から無料送迎車サービスもあります。
徒歩圏内にはコンビニはありません。車で5分ほどで、町に出れます。最寄りのドラッグチェーンストアへは車で2~3分です。

<悠久の旅人のつぶやき>
高千穂峡や高千穂神社に近く、高千穂観光には便利な場所にあります。
高千穂地区には、大浴場がある宿は少ないので、広い風呂で旅の疲れを癒したいと思う方にはおススメの宿です。
料金的にも高千穂地区の宿としてはリーズナブルだと思います。







<近郊・高千穂観光>
高千穂峡
高千穂峡は、九州観光では必見の渓谷美。他では見られない光景が目の前に広がります。
高千穂峡には主に3カ所の駐車場があり、メイン観光スポットの真名井の滝に近い御塩井駐車場(有料500円)、槍飛橋側のあららぎ駐車場(有料300円)、丘の上の大橋駐車場(無料)です。
今回は御塩井駐車場に車を停めて周辺を散策しました。
高千穂峡1
高千穂峡2

ボート乗り場がある高千穂峡観光の王道コースです。
高千穂峡3
高千穂峡4
高千穂峡5
機会があれば、次回は、大橋側から散策したいと思います。

国見ヶ丘
高千穂市街から山道を上がると標高513mの国見ヶ丘展望台に出ます。秋の早朝には雲海が見れる日がある場所です。
国見ヶ丘1

神武天皇の御孫・建磐龍命(タテイワタツノミコト)が、 九州統治の際に立ち寄って国見をされたという伝説の丘で、
国見ヶ丘2

展望台からは、阿蘇五岳を始めとする山々や高千穂盆地が360℃パノラマ展望できます。
国見ヶ丘3
国見ヶ丘4
尚、駐車場は無料で、売店が一軒あります。雲海が見れれば、ほんま最高でしょうね。





天岩戸神社と天安河原(あまのやすかわら)
天岩戸神社前に無料駐車場があります。
天岩戸神社1

神社境内を参詣してさらに奥へ行くと、再び車道にでます。
天岩戸神社2

土産店を横目に見ながら進むと、石段があり、下りると岩戸川沿いに出ます。神社境内から天安河原までは片道15分ほどの散策。
天安河原への散策路1
天安河原への散策路2

自然を満喫しながら、渓流沿いの小径を行くと、やがて天安河原に出ます。
天安河原1
天安河原2

天照大神(あまてらすおおみかみ)が岩戸にお隠れになった際、天地暗黒となり、八百万(やおよろず)の神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟。
天安河原3
天安河原4
天安河原5

パワースポットとして外国人観光客も多く、外国人観光客が石積みをやってました。
尚、石段近くにも無料駐車場があるので、神社参拝をしないなら、神社前を素通りしてこちらの駐車場が便利です。





トンネルの駅
高千穂市街から国道325号線で北北西に進路をとれば、高千穂観光物産館「トンネルの駅」が右手に現れます。
トンネルの駅 

着工途中で中止となった九州横断鉄道の葛原トンネル跡地になります。葛原トンネルは、昭和53年10月1日着工で昭和55年9月3日に完成。全長は1,115mです。
トンネルの駅 トンネル入口

現在は、神楽酒造のトンネル貯蔵庫になっていて、焼酎約5000樽が並んでおり、トンネルの奥へ入ると、ほのかな酒の香りが漂っています。また、観光物産館では焼酎の試飲もできます。
トンネルの駅 トンネル内貯蔵庫1
トンネルの駅 トンネル内貯蔵庫2

敷地内には「トンネルの駅」ホームがあり、廃線になった高千穂鉄道の車両が停車中。
トンネルの駅 高千穂鉄道車両

廃線跡の橋梁には、SLの展示もあります。
トンネルの駅 SL展示

駐車場、入場料は無料。
鉄道ファンや酒好きには堪らない、聖地みたいな場所です。

高千穂駅と高千穂あまてらす鉄道
2005年台風14号による増水による水害のため運転休止となった高千穂鉄道。そのまま、復旧することなく廃線となりました。
その後、高千穂町の地元有志が運行再開を目指し設立した「神話高千穂トロッコ鉄道」。現在は、「高千穂あまてらす鉄道」と改称し、高千穂駅ー高千穂橋梁間をスーパーカートとして運行しています。
高千穂駅1
高千穂駅2
高千穂あまてらす鉄道線
高千穂駅は入場料100円。スーパーカート乗車料は1300円です。

高千穂鉄道(旧国鉄高千穂線)廃線跡と五ヶ瀬川渓流
車で、高千穂から延岡へ向かう。山脈を貫くように続く日之影バイパスを快適ドライブ。
日之影町に入り、天翔橋を過ぎた辺りから、バイパスを離れ、急な坂道を下りて、旧国道へ。
日之影バイパスからの眺望
日之影町 バイパス橋と廃線鉄橋

谷底にある日之影の町から、高千穂鉄道の廃線遺構を追いかけるように五ヶ瀬川沿いの絶景ドライブが楽しめます。
日之影駅跡
廃線跡橋梁と五ヶ瀬川
廃駅跡

延岡~高千穂間をドライブするなら、是非おススメしたいドライブコースです。交通量は少ないですが、対向困難な区間が多いので、スピードの出し過ぎには注意してください。
往復なら、行きと帰りでバイパスと旧国道の両方を通れば、素晴らしいドライブが楽しめますよ。







五ヶ瀬川沿いをドライブして、延岡へ。
延岡からは、国道388号線を走り、県境を越えて、大分県へ戻りました。
今宵の宿は別府の山間にありますが、宿に向かう前に、もう一カ所、観光して行きましょう。

臼杵石仏
臼杵市街から南西に6km。山あいの田園地帯の丘にある国宝の石仏群。
臼杵石仏 外観

近くに石仏公園ハス畑もあり、シーズンには必見です。今回は、ハス畑近くの駐車場に車を停めました(無料)。
臼杵石仏公園ハス畑

大分県には、ここ臼杵や、国東半島に石仏、磨崖仏が多く存在していますが、その代表的な石仏群です。石仏一体一体は思っていた程、巨大ではありませんが、4カ所に分かれて、計60体以上の石仏があります。
臼杵石仏1
臼杵石仏2

尚、石仏拝観料は540円です。


【じゃらん】 九州のホテル・宿の予約





臼杵石仏を出発し、国道10号線へ出て、大分県を北上し、今宵の宿へ向かいます。
明日は、別府市郊外の山間にある総合アミューズメント施設にある宿「城島高原ホテル」をご紹介します。


*****************************************************************************
YAHOOショッピング「USA直輸入カジュアルブランドSHOP・悠久の旅人の店」も宜しくお願いします

悠久の旅人の店

*****************************************************************************


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント